葬儀における遺族

葬儀の遺族に対するマナー

故人との別れをする葬儀

葬儀では、遺族などと久々の再会となる場合も珍しくありません。親しい間柄で、久々に再開すれば、色々な話をしたくなり、テンションが上がってしまう事もありますが、場を弁えてマナーを守らなければいけません。大切な家族を失ったばかりの遺族に取っては、葬儀は現実を受け入れる儀式でもありますし、何かと忙しい時期でもあるので、肉体的にも精神的にも疲れている事を労ったり励ます内容の言葉に止め、落ち着いた頃を見計らってから、再開を喜ぶないようの会話をするように心がけなければなりません。故人との別れを優先させる場なのです。

葬儀での遺族のマナー

愛する家族とのお別れは精神的にも肉体的にも計り知れない辛さがあります。深い悲しみの中にあっても故人を送り出す最期の儀式はきちんと行うべきものです。喪失感の中ではありますが、しっかりと葬儀を行うことは、残された遺族の務めです。参列してくれる方々に失礼のないマナーが必要です。弔問客の方々には深いお礼の言葉で感謝を伝えます。多くの弔問客がある場合には、一人の人とは話し込まずに平等なあいさつで済ませます。葬儀での喪主の挨拶は、参列いただいたことと、故人への生前の感謝の気持ちを表します。故人の人柄をしのばせるエピソードを入れるのも良いです。服装は男性は黒のスーツ、女性は黒無地のスーツか、ワンピース、和装なら黒無地の染め抜き五つ紋付です。悲しみを表す装いをすることがマナーです。

↑PAGE TOP