葬儀で知っておくべきこと

葬儀に詳しいサイトです

葬式出席時の心の持ち方

人の死の知らせは突然訪れます。ある時、人づてに知人が亡くなり、葬儀がいつどこで行われると連絡が入り、あらゆる予定を変更できる限り変更して時間の限り葬式に駆けつけることになります。故人への感謝の気持ちと、お疲れ様という思いを伝えに行くわけです。そして残されたご遺族に対しても激励の意味も込めて故人との生前のかかわりを、思い出話としてお話しできるとよいです。ぜひ通夜ぶる舞の用意がありましたら、席に着き故人との思い出話を語り合うことが最高のご供養になります。

さまざまな葬儀の種類

近年、葬儀の形態は故人や遺族の願いを反映して多様になっています。従来のやり方である一般葬の他に、家族葬、社葬、直葬、一日葬などがあります。特に親しい身内や友人とだけで行う家族葬は、儀礼的にやってくる弔問客に気を遣う必要がなく、葬式自体の規模も小さくなるため、精神的にも経済的にも遺族の負担が少なく、特に増えてきている形式です。また一般葬の形式を取りつつ、葬儀中に故人の好んだ音楽を流すなど、従来のやり方に縛られないで行うスタイルも増えています。

↑PAGE TOP