葬儀で行う焼香の基本

葬儀における焼香について

焼香は葬儀の中心的儀式

仏式の通夜や葬儀では焼香が行われますので、マナーとしてやり方を知っておくと慌てることなく済ますことができます。読経と同じく儀式の中心になるもので、霊前を清め、亡くなった人の冥福を祈る意味が込められています。線香をあげる本数や、抹香を香炉にくべる回数は、宗派によって違いはありますが、一般的には線香は1本か3本、焼香は1〜3回行えば問題はありません。葬儀の規模によって、座って行う座礼と立ったままで行う立礼があります。自宅や寺院では座礼、斎場などでは立礼で行うことが多いようです。宗派や規模にとらわれることなく、故人のことを想って行うことが大事です。

葬儀や告別式での焼香マナー

葬儀や告別式は、故人の信仰していた宗教に則って行われます。そして仏式の場合は通夜や葬儀の中で焼香を行うのが一般的です。宗派によってやり方は違いますが、ご自身のマナーで行っても問題ありません。焼香の基本的な種類は抹香を焚く、線香を上げる、香炉が回ってくるものなどです。香をつまむ際は、右手の親指、人差し指、中指でつまみ、目の高さまでささげます。線香をあげる場合は炎を左手で仰いで消します。口で吹いてはいけません。いずれの場合も喪主、近親者、一般弔問客の順で行われるので、よくわからなければまわりの人を手本にして行うとよいでしょう。

↑PAGE TOP