葬儀における禁句とは

葬儀で気を付けたい言葉

葬儀で遺族にかける言葉

突然の葬儀の知らせに驚き、慌ててしまうこともありますが、遺族に会ったときに最初にかける言葉は、しっかり頭に浮かべておきたいものです。基本のお悔やみの言葉としては、「この度は、心からお悔やみ申し上げます」ですが、大切なことは故人の冥福を祈り遺族の気持ちを察することです。また、決して口にしてはいけないのが、「重ね重ね」「ますます」「くれぐれも」などの重ねて話すことです。不幸が続くイメージをもたれますので、気をつけておきたいマナーのひとつです。葬儀に参列して戸惑うことがないように、服装や持ち物、振る舞いなどのマナーをしっかり身につけておくようにしましょう。

葬儀のときの言葉のマナー

葬儀の時にはいくつか使ってはいけない言葉のマナーがあります。「重ね重ね」や『たびたび』等の重ね言葉は、不幸が重なるということで嫌われますので、使わないようにしましょう。またとそれと同じ意味でネックレスの二重になったものも嫌われますのでマナーとして覚えておいてください。葬儀でも宗教によって使ってはいけないものもあり、「ご冥福をお祈りします」は仏教には使えますが、神道やキリスト教では使えません。これは神道では死んだら神様になって子孫を見守るという死生観で、キリスト教では神様の下で永遠の眠りにつくので喜ばしいという思いだからです。意外なのが浄土真宗で死んだらすぐに幸せになれるという教えなので必要がないからです。

↑PAGE TOP